ぼくの生き方

ぼくと東京大学

書きたくなったので、書きます。 以前からずっとぐるぐる回ってるテーマの、多分、多分完結編。ぼくにとっての、好きなことって何か。 この記事読んだら話が全部わかるので、過去記事を読む必要は全くないですが、一応シリーズのバックナンバーとして。笑 ww…

障害と諦め。

障害者の人生について考えていきたいと思います。 初めに申し上げておきたいのが、僕自身が「双極性障害」という障害の当事者ですが、かといって障害の全てを知るわけではありません。網羅的にはどうしてもなりません。 「自分の障害について理解してもらえ…

ぼくとコミュ障

コミュ障ですどうも。 コミュ障ってなにが原因なんだろうね?といつもなら考えるところですが考えません。いや考えますが、テキトーに考えます。いろんなタイプのコミュ障を分類・分解とかしません。今僕は猛烈に疲れてるからです。 だからタイトルは「ぼく…

頭がいいとは何か。

今日は「頭がいい」とは何かについて考えてみたいと思います。 まず、今日話題にする頭の良さについて。「置かれた状況において、次に何をすべきなのか判断できる能力」ととらえることとし、成果の出る判断ができるほど、頭がいいと考えることにします。成果…

双極性障害という呪い。

久しぶりにこのブログに手を付けた。昔の投稿はそれはそれで若気の至りが面白いので残しておこうと思う。 さて、今日のテーマは「双極性障害」です。僕が今戦っている病気です。戦い続けてようやく病気の特徴などが見えてきたところがあり、それを書いていこ…

空を飛べたら、きっと勉強したくなる。

きっとそういうものだ。見えるものが多くなればなるほど、知りたくなる。大人になれば、勉強したくなる。若い頃は、何も見えていなかったと言って。でも、それでいい。無知は特権だ。視野狭窄は幸せだ。その狭い中で、目一杯、自分を生きられるのだから。大…

王手、丸取り

丸取りは気持ちが良い。飛車なんてケチなこと言わずに、全部ほしい。考えうる限りで最高の勝ち方をしたい。最適のルートを選んで、自分の思惑通りにことを運ばせたい。そして勝ったと、一言叫びたい。その結果得たものがなんであっても構わない。なんなら何…

今日もさっさと帰って、さっさと寝よう。

それで時間が過ぎてくれる。貴重な1日を、無事に浪費できる。このところ、どうしようもないことが多い。そういう時期なのか、そういう人間なのか、そういう世界なのか。とにかく一難去らずにまた一難、という感じだ。何度も「理不尽」という言葉を落としか…

学問と実用

僕は勉強が好きです。生きている世界がどんな風になっているのか、人はどんな歴史を繰り広げてきたのか、如何にして人は人と関わるのか、どのようにして人は物事を考えるのか。それを知ろうとすることが好きです。必要に駆られて試験を受けて、それなりに点…

卑屈の精神

突然ですが、最近よく卑屈になるんです。 「俺なんかどうせ落ちこぼれなんだ!」的なやつです。 疲れていることが原因のことが多いのですが、 「そもそもなんで卑屈になるのか?」を考えていました。 … 「卑屈になると、楽だから?」 確かにそうかもしれませ…

好きなことで、生きていく?

「若者よ、夢を持て」 とは賛否両論ですがよく言われることで、僕もずっとそんなことを言われながら過ごしています。 一応まだ若者のつもりです。笑 僕には夢は特にないので、 (だからと言って要らないとは思っていません) 成功した人、少なくとも僕が個人…