私立クソリプ学園

開校!

クソリプについての考察を3コマ行い、単位も学位も認定しない学園である!

授業はじめっ!

 

<1限、クソリプ概論>

 

クソリプ」と申しますがね、なにがクソリプなのかと僕は思ったわけです。
僕が普通にツイートしたのに、「うんこ」とか言ってくるひとはクソリプなのかと。
いや「クソ」の「リプライ」であるからクソリプなんだろうし、クソみたいなリプライという点でもクソリプなんだろうけど、今回この類のクソリプは考えないことにします。この類のものは単純に頭が壊れているかふざけているかのどちらかです。
そうではなくて、真面目にリプライをしているのに結果がうんこというケースについて考えてみたいと思います。

 

具体的に何をクソリプとして扱おうとしているのか。

僕の思うクソリプをここに張り付けてしまうと怒られる可能性があるので、どっかで見た気がする例を挙げます。

 

「この料理おいちい!!!」とツイート。

→「世界には恵まれない子供がいるのに!!!恵まれない国で低単価で作られた料理を食べて恥ずかしくないのか!!!」とリプ。

 

した場合、後者をクソリプと呼ぶと思います。

「呼ぶと思います」と僕が言っているからには何か定義があるからで、ちょっと考えてみました。

①リプ先が話題にしていない角度から、

②自分の立場や思想を主張する形でリプライをする。

行為になります。
(この箇条書きパターン、僕のブログに多いけどみんなうんざりしてるのかな...笑)

 

例示されたパターンでは

①料理のおいしさを話しているのに、貧困という全く関係のない話題をブチこんでいる。

②かつ、貧困問題に関心が深い自分の立場を主張している。

ので、クソリプという形になります。

 

これですね、揚げ足取りというか言葉狩りみたいなところがあって、とにかく隙あらば自分の主張をしようというものなんですね。

挙げても問題ない実例で行くと、タレントの辻希美さんのブログが何を書いても文句を言われるという話をまとめサイトで読んだのですが、あれもTwitterではないですがクソリプの類になると思います。

①辻さんの話をしている部分から全く外れて、

②「辻さんが嫌い」という立場を主張する形でコメントをしている。

んですね。凡例と揃えたので少し見にくい日本語になって申し訳ありませんが。

 

<2限、忍び寄るクソリプ

 

で、これが辻さんとか急進的な政治思想やフェミニズムだったらまだ多少はわかりやすくて、「あーこれはクソリプ」とか思うと思うんですが、問題はこれが日常会話に近づいてきたときなんですよね。

いや別に政治じゃなくても主張したいことってあるじゃないですか。

 

うた恋い。は面白いとか。

BLACK LAGOONは面白いとか。

 

オタク的視点になる場合とか、クソリプの危険がすぐ隣にいると思うんですよね。

まぁそうでなくても、一家言持っている分野の話とか、関心がある話とか。

そういう場合に、①と②を同時に満たしてしまう場合があるんですね。

 

これがなかなか治らなくて困ってます。

僕の話です。

 

もうなんかね、Twitterって140文字なうえに1文字が重いんですよね。チャットとかLINEとかと違って。「こん^^」とか言ってる場合じゃないし、スタンプ送ってる場合でもないんですよ。そんなにマシンガンリプライにならないメディアだし、詰められる情報は詰めたいと思ってしまうんですよね。それがいけない。どうしても本筋に関係のない余計な主張をしてしまう。お前の話聞いてないんやってなる。会話のドッジボールが始まる。悲しみ。みなさんごめんなさい。2限を終わります。

 

<3限、許されるクソリプたち>

さて、僕のクソリプの話は忘れましょう。世の中には「クソリプ型」をとっていながらにして、クソリプではないツイートというものが存在します。

 

「おなかいっぱいで少し残しちゃったけど、この料理おいちい!!!」とツイート。

→「世界には恵まれない子供がいるのに!!!恵まれない国で低単価で作られた料理を食べて、しかも残して恥ずかしくないのか!!!」とリプ。

 

ツイートの趣旨とは違い、かつ強引に自分の主張を通してはいますが、妥当性が増しました。この批判の妥当性というのが厄介であり、グラデーション状になっています。
(ほとんど料理を残している~ご飯粒が残っている、等)おそらく人によって、「これは批判されても仕方ない」のラインが異なってきます。

辻さんのブログもガチで妥当な指摘が入っていれば、それはクソリプではないのでしょう。

 

クソリプ紙一重で正義です。

 

だからこそ人はクソリプを送るのでしょう。正義を信じて。